最先端のサイトを作るなら、コーディング代行が便利!

WEBサイトを作るとき、大抵の方がまず気にするのがデザインです。
WEBデザインに流行があるように、実はその骨組みでもあるコーディングにも流行があるというのはご存じでしょうか?

パソコンが普及し、趣味のホームページを作る人もでてきた20年ほど前には、HTMLのみで組んでいたWEBサイトも、その後CSSやJavaScript、jQuery、今主流となっているWordPressを使うならPHPなど、覚えるべき知識が何倍にも膨れ上がっています。

また、現在はパソコンのサイトだけではなく、タブレットやスマホにも対応させる、「レスポンシブ」であることも求められます。せっかく勉強しても、WEBの世界は日進月歩。
どんどん新たな手法、ルールが生まれ、以前の知識は古いものとして使えなくなっていくのです。

コーディングは形を整えるだけではなく、厳密に決められた文法にそって記述していく必要があります。美しく記述されたコードは、そのままSEO対策にもなります。

しかし現状では、デザインは出来るけどコーディングまでは出来ないデザイン事務所や、誰でも簡単にWEBサイトが作れるソフトを使用している制作会社なども多く、そういったソフトはコーディングは二の次になっていることが多々あります。
そのように、最新のルールに則ったコーディングに制作者が追いついていけていないのが現実です。

デザインはデザインのプロであるデザイナーに、コーディングはコーディングのプロであるコーディング代行に依頼をするというのが、賢い選択だと思います。そうすれば、デザイナーはデザインにのみ集中することが出来ますので、満足のいくデザインを提案できますし、コーディング代行を利用することで、中身のコードも洗練されます。
それはまさに、最先端のサイトと言えるでしょう。